FC2ブログ

記事一覧

琵琶

琵琶の古典曲では、よく人の死が唄われます。時代が変わっても、芸能の普遍的なテーマなのだと思います。僕は宗教家ではないので、「死」についての見識はありませんが他界した親族や友人のことを思うと記憶を辿って、瑞々しい様な声を、すぐそばにいる様に思い出せます。まるで亡くなったお婆ちゃんや、友人が自分の中にいるようにありありと思い出すことも出来ます。誰か思い出してくれる人がいるかぎり、「死」もさほど怖いこと...

続きを読む

1月20日 聚の会

筑前琵琶 田原順子一門の演奏会今年は1月20日に開催です入場無料の会です。古典曲や現代曲など一門の全員が演奏しますので4時間ほどの長い会になります。僕の出番は一番目『千代の寿』を演奏します2019年1月20日(日) 13時開演すみだトリニティーホール入場無料 予約不要「聚の会 〜田原順子と琵琶の会〜」古典語り物泉村版平家物語より『都落ち』『土蜘蛛』『那須与一』など現代曲『ゆきよせ霜月』(角 篤紀 作曲)『なない...

続きを読む

お芝居での琵琶演奏

谷崎潤一郎の作品『春琴抄』と『刺青』の二作品を描いたお芝居にて琵琶の弾き語りで出演させていただきました。『春琴抄』は僕が琵琶を始める前から琵琶を演奏するようになってからもなんども読んでいた作品でした音曲を司る立場になってからの「春琴抄」は特別に思い入れのあるお話ですが今回、暗譜にて弾き語る為に一字一文を頭に入れ、自分の言葉にすることでまた新しい「春琴抄」に出会うことができました。江戸から明治へ、社...

続きを読む

琵琶による演奏供養

東京琵琶の広報用に使っていたチラシを新しくしました!一人でも多くの方に届くと嬉しいです!東京琵琶http://tokyobiwa.com/...

続きを読む

糸遊び

9月2日琵琶の一門の演奏会「糸遊び」を無事に終えることができました。多くのお客様にお越し頂きこころより感謝しております。今回はオリジナルの新作「袈裟御前」の演奏ということで古典とは違った、より親しみやすい演奏で聴いていただけたかと思います。古典曲は歴史上の武将などの功績や戦いを歌ったものが多くなりますが今回のように市井の人々の生きた足跡を唄い、伝えるのも琵琶という楽器の面白みだと思います。史絃東京琵...

続きを読む

プロフィール

東京琵琶

Author:東京琵琶
琵琶という楽器は古来より供養の為に演奏されていました。
年忌法要などの法事は、ご家族やご親類が故人との思い出
をふりかえるご家族の大切な行事です。
また、ご家族やご親類が集まり絆を深める機会でもあります。
大切な供養の席に琵琶の演奏を添えてみてはいかがでしょうか。

最新コメント

カテゴリ